現在地:酒場




                        ,ヘ/L──- 、
 U [] V 日 ▽ U [] V    Lニ)r_」=== イ カリスマハホロビヌナンドデモ…
 ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡     ,ヘ、i ノノλノハノヘ  
く|   ,..-──-ヘ/i |>[] 目   .。,'  `(ハリ ゚ ヮ゚ノi) ',
 ヽ、 ,'y,..-=== y + /<>  ____|~~| .i >〈(つi!と!)  i
 <>〈`'γ ノノハノノ /| <>     .└┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 .<>ゝノルリ ゚ ヮ゚ノ_| |_<>―――――――――――――
  <>' 〈(つyiつ.||>  オマエハモウシンデイル ← 妹様等身大POP(常に喋ります)
     ,く/_!__」>,  ━┳━     ━┳━     ━┳━







早苗「今日も元気に!わん・わん・おー!!」



椛「テンション高めてこんこんわーお!!」



早苗「モニター前の愚民達のアイドル、東風谷早苗と」


椛「犬走椛のお二人でお送りする黒赤ドキュメンタリーSUMOU杯編のお時間がやってきませんでした」


早苗「な、なんだって〜…せっかく半年振りの登場となったこの早苗の出番が大人の陰謀で削除だなんて、そんなひどい話ありますか☆」


椛「本当にそう思うなら、語尾に☆なんてつけないでくださいっすよ」


早苗「では〜…☆ではなく(笑)にしてみましょうか」


椛「いやいや、つけるなら(T▽T)が妥当では」


早苗「なるほど〜顔文字とは盲点でした。では改めて……そんな、ひどい><」


椛「………  はい ニアいいえ」


早苗「そんな、ひどい( ^ω^)」


椛「はい ニアいいえ」


早苗「そんな、ひどいノリ>ヮ<ル゚゚)」


椛「はい ニアいいえ」


早苗「これは、ひどい( ゚∀゚)」


椛「ニアはい いいえ」





てろろろ〜ん♪





早苗「……」


椛「……」





























パルスィ「何よあの二人、さっきからイチャイチャして妬ましいったらありゃしない…」


トラウマスター姉「はて、あの弾幕りあっている姿のどこがイチャイチャなんでしょうか?」



雛「くるくる…文字通り、射ちゃ射ちゃしてるからとか」



トラウマスター姉「なんだか、にも同じような突っ込みをした記憶もありますが、誰がうまいこと言えと



パルスィ「そのとおりよ。そんなうまいこと言えるなんてネタましい、(頭が)ネタま(みれら)しいわ」


雛「………ところでマスター。この酒場は乱闘禁止と聞いてたのだけどあれはいいのかしら?」



トラウマスター姉「別によくはないのですが、ただフルーツを投げたり肉弾で噛み付いたりする程度なら放置でもいいかなっと」



雛「止めるの面倒だから丸投げにしたと」


トラウマスター姉「心を読まないでください」


雛「ただの口からでまかせだったのだけど、本当にそう思ってたの」


トラウマスター姉「……えぇ、先日少々嫌な事件に遭遇したものでそれを考えるとあの程度なら修正するまでもないかなーっと」


雛「なら、放置の方向でいきましょうか」


パルスィ「な、なによ。二人から無視されるなんて妬ましい。あぁ・・・妬ましい(笑)」


トラウマスター姉「妬ましいといいつつ、心の中では笑っているだなんて器用なお方ですね」


パルスィ「な、人の心を勝手に読むなんて…ってことは」


トラウマスター姉「ふむふむ……貴方、雛さんと一緒にドキュメンタリーへ出れた上に司会進行という邪魔者が消えてくれたことがそんなにうれしいのですか(2828)」


雛「そうみたいねー(2828)」


パルスィ「ふ、二人して何よ。別に不正なんかしてないわよ!!
ただ、ちょっと願掛けにと思って神社裏でこの前湖で取ってきた雛とのツーショット写真をわら人形とともに打ち付けたりなんか…」


雛「なんだか、勝手に暴露し始めたし」


トラウマスター姉「みたいですねー方向性はともかくとりあえず、仲がいいことで」



パルスィ「あっ…あっ…い、イヤァァぁぁー!!!!(脱兎)



早苗「しかし、まわりこまれてしまった」



パルスィ「な、あんた達いつの間に?!」



早苗「いつの間にも何も、こんなに面白い場面に遭遇してちょっかいださなくてどうするというのですか!」


パルスィ「なんていい趣味を……ぱるぱるぱる」


椛「その理屈はいろいろおかしいんっすが、丁度いいので仕切りなおしとしましょう」


雛「このままだとgdgdだし、そうした方が断然いいわ」


椛「そういうことで、続きはまた後にして本題の撮影へと移りますよ」



早苗「う〜む、早苗自身としてこれからがいいところなんですが仕事なので仕方ありません。続きはがんばった自分へのご褒美としてとっておきましょう」



雛「厄い。予測どおりとはいえ、スイーツ(笑)すぎて厄い



椛「今更なんで、慣れればそれほど気にならないっすよ」



パルスィ「慣れるというより堕ちるの間違いでしょ」



椛「あえて否定しません。どうせ事実な部分強いっすから」


パルスィ「そこはお世辞でも否定しなさいよ!」



トラウマスター姉「パルスィさんも十分堕ちてますよ。黒赤の雰囲気というものに」


椛「そんなこんなで早速本番といいたいところですが、先にCMを流します」


早苗「CM?そんなのありましたっけ」


椛「ありましたよ。つい最近ksg12が公開されたとのことで、黒赤テレビショッピングで紹介する事になってたじゃないですか」


早苗「あーそういえばそうでしたね。あのゲームは確か、4つのクリスタルを集めたら願いが叶うという伝説をめぐって繰り広げるありあり公開処刑ありの某龍玉風冒険劇でしたっけ」



雛「4つのクリスタルといえば、勇者の心


パルスィ「勇気いたわり希望探求。どれもこれも私たちにはまぶし過ぎだわ」


トラウマスター姉「ですよねー。地下に追いやられた嫌われ者としてはつい反射的にぱるぱるしたい気分です」



椛「そんなわけで、ksgにしてはやけにシリアル路線と思いきや序盤のあるイベント腹筋崩壊したプレイヤーが続出との噂っすのでやってみる価値はありっす」



早苗「ただし、笑い死にしても早苗達黒赤は一切関与しません。それを理解した上でDL先をクリーーック!!」


雛「…私達のボケは華麗にスルーされたわ」


椛「あるぇ?あれはボケだったんすか。てっきり本気だったのかと」


雛「ひゅ〜るり〜ひゅ〜らら〜〜(ZU-N)」



トラウマスター姉「落ち込んでいる振りするところ悪いですが、そのような髭親父RPGの裏ボスの取り巻きを真似たところで誰も突っ込めません。むしろ、常人は到底気づきません



パルスィ「いいきぶんでねたっていたのに、おこすんだもの」


早苗「さかばはかんそうしててきらいです」


椛「もうすいーつ(笑)にはついていけません」


トラウマスター姉「(頭抱えつつ)いいかげん、ちょっと場違いなことやめませんか」


椛「いつものノリでやってたらやはりこうなる運命っすからねぇ」


早苗「それでも、仕事は仕事。CMも終わりましたので本番モードといたしましょう。なお、今回の撮影はSUMOU杯と銘打ってますけど今までとは勝手が違います」


椛「詳しく語ると今までのシリーズがヤムチャ監督主催の『幻想郷相撲トーナメント杯』なんすが、今回はhani監督主催の『幻想郷相撲トーナメント杯プレゼンツ Challenge the Chanpion杯』となってるっすよ。ただ、その経緯に……」



早苗「いえ、早苗は別にこれといった事何もやってませんよ。確かに前回半年放置すれば怨覇死羅でBUNNAGURUとはいいましたが、大会自体は前回からギリギリ半年以内で開催されましたからね。怨覇死羅でNAGURIKOMU理由はありません」



雛「なら先日SUMOU杯主催のヤムチャ監督が月の出ている夜道でぼこぼこにされてやむちゃしやがってにされた事件とは無関係とみていいのかしらねぇ?」



早苗「えぇ、ただ先日怨覇死羅を握った時にこうむらむら〜っときてそれ以降の記憶がない上に気づいたら怨覇死羅が血まみれとなっていましたが恐らく無関係です」



パルスィ「どうみても関係ありありじゃない」



椛「ですよね〜しかもヤムチャ監督には大会内で別のBOKUSATUフラグが発生しましたし、動機も十分っすよ」



早苗「それでも、記憶には全くございませんから無実です」



雛「記憶がなければ、得意の奇跡で復活させればいいじゃない。具体的に言うとレベル15神聖魔法のコー○ゴッ○で」



早苗「わかりました。ではそこの天狗橋姫生贄にして神を特殊召還!!」



パルスィ「なにぃ?!」



椛「いぢめかっこわるいっす」



早苗「もう遅い、スイッチは押した!いでよ、神・光・臨!!
















し〜ん















トラウマスター姉「…………しかしなにもおこらなかった?」


早苗「…よく考えたら早苗はデュエリストではありませんからね。特殊召還なんかできるわけありませんでした。てへっ☆」


パルスィ「言いたいことはそれだけ?」


早苗「そうですね〜しいていうなら、ついカッとなってやってしまった。今では反省している」



椛「わかりました。とりあえずこの怨覇死羅でBUNNAGURU。話はそれからっす」



早苗「痛くしちゃ駄目です。優しく扱ってくださいね(はぁと)」


トラウマスター姉「先日から本拠地で始まったらしい最強トーク集といいここのカオスっぷりといい、あまりにフリーダムすぎて頭が痛くなってきたわ」


雛「もう厄いっていうレベルはとっくに超えてるけど、気にしたら負けよ」



トラウマスター姉「でもあえて言わせてください。どうしてこんなになるまで放っておいたんですか!



雛「さぁ?トーク集は他所の事だからわからないけど、ドキュメンタリーの方はSUMOU杯編開催初期からずっとこうだったようだしもう手遅れなのでしょ」



トラウマスター姉「………新タグ『病院が逃げる程度のカオス』を付加させてもいいですか?」



雛「ご勝手に」












早苗「さてさて、少々頭からを流してますが気にせず新SUMOU杯の解説です」



椛「今回は先ほど言ったとおり主催も変わってルールも多少複雑化されたんすが、過去大会からの流用チームで参加という基本コンセプトは変わってないので以前と同じく私犬走椛と」


早苗「東風谷早苗が司会進行役です」


雛「そして、私達はゲストというわけね」


椛「そうっす。このシリーズはせっかくなので東方サッカーに出ていない風神録以降の面々もこの機会に出しちゃおうという企みもあるんすよ。なので、毎回ランダムに抽選で選らんでるんすが……」


早苗「雛パルとは、これまた面白い組み合わせが出てきたものです。うん」


椛「……司会進行権限で操作したくせになに言ってるんすか」


早苗「世の中、面白ければなんでもいのです!それに、迷える子羊の欲望に答えるのは神たる早苗の…」



パルスィ「だれがそんな欲望をだしたー!!」



早苗「がふぅ!!」



椛「おー見事なまでの一撃っすねー」


雛「あの渾身の右ストレート。食らうと痛いわよ」


トラウマスター姉「痛いというか、顔面がもろへこんでませんかあれ?」


雛「あの程度、ポンプで空気を送り込めば元に戻るわ……たぶんだけど(ぼそ)


椛「そーっすか。ではさっそくシュコンシュコンシュコン…


早苗「きらりーん☆早苗は生き返った」


椛「単純っすね」


トラウマスター姉「というより、もう無理です。私はここでギブアップさせてください」


早苗「ご勝手にどうぞ。では気を取り直してまずルール説明といきましょう」


雛「今回は説明入りなのね。今までずっと手抜きなくせしてどういう風の吹き回し?」


椛「上でも述べたとおり今回は主催が変わった影響でルールも変化してるんす。なんで、面倒なんすが簡単に説明タイム」


早苗「@GKの起用キャラや装備や特化具合でハンデが上下」


椛「A重防御ヤマザルといった特定の装備品に対してハンデが加わる」


早苗「B褌とSGGKは使用可。ただし、ハンデがどえらいことに」


椛「C対戦はトーナメントではなく6組の優勝経験有りチームとの総当り」


早苗「以上。いろいろはしょりましたが、詳しくはやはり主催ページをごらんください」


パルスィ「結局丸投げっと」


椛「ここは解説ページではないんすから、小難しい話は極力カットしないと誰も読まないっす」


雛「その割には序盤で関係ない話をしてて脱線しまくりだったのだけど」


早苗「それに対しての答えは一つ。たった一つのシンプルな答え」










      ⌒   __            、__ノヽ___ ノ
  /   ´ |  |     , . .── 、    ヽ い ど そ (
/\ /     |  |  /: : : : : : : : : :f' ゚ヽ。 | い う ん   `7
\  \     |  |, ': : : ,ャ: : :/: : : : :ゝzソ:|ん だ な  |
  \  \   Lj! 」! : : X {: : : ,': : ノ!、: l: : ,'|で っ 細  |
   \ヽ > /"|! Vレ乃ホ、__ .:;z≦)ハノ_./: ノ す て け  |
      \   !! /:/弋ぅ′ ら...刈/7: :`! よ   ぇ  /
       \ |!7: :入   __ `¨x.i.F7': : : |    こ  |
          /: :/  丶 `_/_rノヽ): : : :ノ    た  |
      С彡 |: :.!   /| /~| /( :/:::!: : : ヽ     ぁ  |
            ハ: {   |::|,⌒K{:ヽ ヽ、| : : : : )      (
         |::|^丶/Y  /:ハ:リじ \: : :⌒⌒⌒⌒^⌒














椛「無事に解決したところで提出チームの解説するっすよ」


トラウマスター姉「どのあたりで解決したのかわからないんですが、私はすでにリタイアさせてもらった身。カオスへ巻き込まれないためにも黙っておきましょうか」


早苗「えー今回は上にあるとおり褌が解禁ということで、TSSH提出の赤褌が暴れまくる『黒赤マジック・白(黒赤白)』となったそうです。ちなみに元はこちら


パルスィ「中身は…ナニコレ?FWが赤褌でGKが斉藤。守備力をとことんまで犠牲にさせためちゃくちゃもいいところじゃない」


雛「逆に言うと、めちゃくちゃだったからこそ黒赤らしさがでてていいじゃない」



早苗「そのとおりです!常識に捕らわれないチームだからこそ面白いのですよ!!」



パルスィ「強さよりも面白さで選ぶなんて、そんな度胸にぱるぱるぱる」


椛「でもネタ系とはいえ成績自体は3勝3敗とどういうわけかいいんすよね。得失は−5とひどい状況なのにふしぎふしぎ」


雛「真面目な話、ハクレイみたいな中央がら空きな陣形だと中央を突っ切ってくる赤褌を止める手段がないわけだし相性次第でなんとかなるってところかしら」



早苗「それに守護神がアレでも事前に亀さんがヤマザルブロックで減衰入れてくれる上にビッグハンドと高いパワーで奇跡も起こせます」









雛「頻繁に起きるものを奇跡と言うのはどうかと思うのだけどね」



早苗「わかっていませんね。奇跡を信じるモノにはより多くの奇跡が与えられるものなのですよ!!」



椛「やすっぽい奇跡はそれこそ奇跡と言わないっすよ」


早苗「神を信じぬモノには天罰が下りますよ」


椛「具体的に言うとどんな罰っすか?」



パルスィ「先に言っておくけど怨覇死羅ネタは十分だから別のにしなさいよ」



早苗「では、意表をついて厄神直伝スーパードリルキック



雛「ただし、誰に当たるかわからないおまけつき」



椛「それは天罰ではなく人災というべきっすよ」



早苗「それはそれ、これはこれ…ということで、気づいたらずいぶん時間をロスしてしまいました」


パルスィ「しかも全然話が進んでないしどうするのよ、これ」


椛「いつものこととはいえ、このままではまずいのも事実。なので見所とその結果をさっくり逝きましょう」


雛「見所といえば確か第1試合第2試合がお勧めにあげられてたわよね」



早苗「はい。第1試合は丁度香霖堂発売時期と重なってたところでの唯一の赤褌起用チームでしたからその補正でもらえたものでしょう」



椛「それ以外にもKOJの応酬でしたし、GK斉藤の役立たずっぷり含めてネタまみれもいいところっす」



パルスィ「点差的には大負けなくせにおいしいところ取りだなんて、ぱるぱるしいわ」


雛「しかし、KOJって意外と決まるものなのね」



椛「減衰を考慮したら夢想天生クラスの一撃っすからね。多少のハンデや硬さなんて関係はないのでしょう」



パルスィ「その割には黒赤内で使われてないようだけど」



早苗「そうなんですよね〜でもまぁ私達の閻魔様は守備にも積極的に絡むぐらいのアクティブなお方らしいですからガッツの関係上KOJが狙える位置におけないのではっと思いますが」



椛「そのあたりは神のみぞ知るっすね」


雛「私に振られても答えはのー」



早苗「それで第2試合の見所は冷凍剣サンレンダァ!!でしたっけね」









パルスィ「殺してでも奪い取る。その意気込みがぱるぱる」



椛「実際は殺してない上、東方サッカー界ではヨンレンダァ!!が炸裂した試合もあったくらいっすからね」



雛「つまり、これも香霖堂補正が入っていたと」


早苗「そう考えていいでしょう。その先はぱっとした話題もならず勝った負けたを繰り返しでしたしね。ただ……」


パルスィ「ただ…?」


早苗「最終戦で一方的にぼこったせいで得失点差がヤムチャ監督のチーム『GGSはキモィーのか(GGS)』との一点差で勝ってしまいました!」



椛「せっかく序盤からいい具合に大敗をしてたのに、最後の最後で逆転して大敗賞の受賞があぼーん。これはさすがにアレだったんすが……」



雛「………改めて聞くけど、ヤムチャ監督を夜道で襲って病院送りにしたのは本当に貴方達とは関係ないのよね?」



早苗「たぶんありません!よって無罪!!」



パルスィ「態度があまりにも堂々すぎて、逆に疑うのが馬鹿らしくなるわ」


雛「どの道、真実に興味ないからどうもいいのだけどね。私がやることは厄を回収するだけ。そして…」


椛「そして……?」



雛「たまった厄鬱憤として適当な誰かにぶつけるだけ」



早苗「そのターゲットは具体的に言うと」


雛「特に決めてないけど、ここは空気を読んでヤムチャ監督としておきましょうか」


パルスィ「それって、つまり」



雛「猶予は半年。それまでにSUMOU杯を開催しなければ、夜道に十分注意をしないといけない羽目になるわよ(ニコニコ)」



早苗「では、そのときが来たらご一緒させてください」



椛「そんなわけっす。無事にSUMOU杯が終わるのが先か私達黒赤の面子の誰かにKOROSARERUのが先かわかりませんが次回あればまたお会いしましょう」



トラウマスター姉「私…この撮影が終わったら寝ることにします。そして、すべてを忘れます」


パルスィ「ぱるぱるぱるぱるぱるぱる……」














一応続く・・・のかな?





■ 黒赤マジック・白(黒赤白) 戦歴



>1回戦(2P)

対戦相手:ハック&スラッシュ(HaS)
監督:イシュタル
スコア:4−9

得点:映姫(ラストジャッジメント2点)・Hチ(フォーミュラ1点)・赤褌(朱鷺子とのコンビプレイ1点)




>2回戦(2P)

対戦相手:白銀の冬に花火大会(遅れし外界人)
監督:花火娘
スコア:3−6

得点:赤褌(朱鷺子とのコンビプレイ3点)




>3回戦(2P)

対戦相手:ふっかつの薬を使った(使った)
監督:48K
スコア:6−4

得点:赤褌(朱鷺子とのコンビプレイ3点)・映姫(ラストジャッジメント2点)・Hチ(コンプリートスマッシュ1点)
ねじこみ:Hチ(1点)・赤褌(1点)



>4回戦(2P)

対戦相手:colors 雪百合edit(Y&C)
監督:はくどう
スコア:2−7

得点:赤褌(強烈ボレー2点)



>5回戦(2P)

対戦相手:アポカリュプス・タートル(TxT)
監督:ハクレン
スコア:5−3

得点:赤褌(朱鷺子とのコンビプレイ2点・強烈シュート1点・強烈ヘディング1点・強烈ボレー1点)




>6回戦(2P)

対戦相手:リボンはアリスのおてせい(リボン)
監督:hani
スコア:6−2

得点:赤褌(朱鷺子とのコンビプレイ3点・シュート1点)・映姫(ラストジャッジメント2点)





結果

総得点26 総失点31

成績3勝3敗
得点:赤褌(18点)・映姫(6点)・Hチ(2点)






戻る