試合終了 反省会コーナー
(2回戦 VS ひそーてんにうどんげを 編)



黒赤マジック 控え室






チルノ「こらーーー負けたぞーーー!!」



大妖精「チ、チルノちゃん。落ち着いて(汗)」


萃香「いや〜負けたねー」


レティ「負けたわ〜」


小悪魔「相変わらずお前らは温度差激しいなー」


リグル「温度差というか、チルノの沸点が低すぎるだけじゃないの?」


橙「そーそー、チルノは決死が発動しやすいし」


ルーミア「そーなのかー(はぐはぐ)」



ミスティア「ぎにゃぁぁぁぁ!!!いろいろ突っ込みたいけどまずは食べないでぇぇぇぇ〜〜〜!!!」



チルノ「とにかく、なんでさいきょーのあたい達が負けたんだーーー!!!」



萃香「決定力不足」



レティ「火力不足ね〜」



敵妖夢「それと、ゴール前のサイドがガラ空きでしたよね」



敵うどんげ「そうそう、正面には強かったけどサイドがガラ空きで…」


玄爺「それは陣形の都合で仕方ないことですぞ〜」


萃香「まぁ、そういう検証は専門家に任せることにしといて…今回のゲストは赤眼開花コンビかな?」


敵妖夢「えぇ、そちらの監督さんから名差しで呼ばれました」


レティ「今回はチーム名がアレだし、即決でしょうね〜でもって」


エリー「…チーム名とは裏腹に、対して活躍してなかったわよね」










レティ「必殺使っても私のワータックルで吹っ飛ばされるどころか、萃香のミッシングでこぼれ球にされたりしてたわね〜」






敵うどんげ「うっ…で、でも…一応一回はゴールを決めたことだし……」


小悪魔「キモけーねの方はバカスカゴール決めてたぞ」



萃香「今のままじゃ、ひそーてんの枠うどんげじゃなくって慧音が選ばちゃうよねぇ」



敵うどんげ「やっぱり…私は要らない子なんだorz」



敵妖夢「だ、大丈夫ですよ!!いざとなれば私の新スペルカード赤眼剣『魂魄二代』で出ることもありえますから!!」



橙「そうそう、紫様の式神『八雲藍+』で私が出てきて攻撃に参加するように、まだ希望はあるはずにゃ!!」



リグル「さりげなく、トドメ刺してるね」


小悪魔「しかも、二人とも悪気がない分ダメージでかいなー」



大妖精「俗に言う『効果は抜群だ』って奴でしょうか?」←チルノ以外は基本フォローしない奴



エリー「抜群どころか『急所に当たった』も加わってるみたいだし……同じ『ダメっ娘』宣言されてるだけに同情してしまうわ」



チルノ「こらぁぁぁーーーいい加減あたいを無視するなぁぁぁーーー!!!」




ミスティア「そうよぉぉぉ!!いい加減私を助けてぇぇぇーー!!」





ルーミア「やきとりーまるやきーめりーくるしみまーす(はぐはぐ)」




萃香「じゃ、伝達係のバケバケも手紙もらってきたみたいだしそろそろ発表と逝こうかな」
















MVP:一応2点取ったみすちー&るみゃの宵闇コンビで




ルーミア「ぺっ ( `д´)==■●」



ミスティア「……  ザザザザッミミミ=■●_~~」



リグル「吐き出された……」


橙「しかも心底まずそうに」


大妖精「小骨でも刺さったのでしょうか?」


敵妖夢「ただ、怒ってるだけかもしれませんよ」


萃香「確かに、宵闇はミスティア起点で始まってた上にルーミアの方は…」


  



エリー「ディマーケイション決死状態とはいえホワイトに止められてた……



リグル「この場合ルーミアがヘタレなのかホワイトがすごかったのか


玄爺「『クリスマスイブ杯』で妹殿のスターボウブレイクをブロックしたカナ殿の件もありますし、ホワイト殿が凄いということにしましょうぞー」



萃香「いや、あれはシュートの威力もケタ違いであれば、カナは決死状態じゃないし凄さが全然違うよ〜な気もするけど



小悪魔「というか、どうあがいてもルーミアがヘタレというのは変わりないぞー」



レティ「こんなんじゃ、近々開かれる『そーなのかー杯』が心配ね〜〜」



チルノ「そんな大会、あたいが出れば問題なしだーー!!」



大妖精「チ、チルノちゃん…もしかして」



チルノ「もちろん、あたいはでるぞーー!!」




大妖精「やっぱり…でも、出場枠は」



ルーミア「チルノも参加させてもいいのかー」


萃香「いいんじゃないの?監督は基本的に選手起用は口出さないし、ルーミアが中心になるならルーミアが好きに選べばいいと思うし」



レティ「そうね〜ルーミアが主役なんだし、結成時は好きにメンバーを選べばいいと思うわよ〜



ルーミア「わかったのかー」



ミスティア「……誰か、私を助けて……(ピクピク)」



















技能賞:こぼれ球が多いけど、なんだかんだ言ってディフェンスで活躍する萃香




萃香「まぁ私は『来生・SGET・ヘルナンデス・ファルコン新田・キャプテン』とは違うんだし、当然の結果かな」



小悪魔「というか、お前はマイナスハンデ2を食らってる高コストキャラなんだ。活躍して当然だ」



レティ「むしろ、活躍してなかったら袋叩きにされててもおかしくないんじゃないかしら〜?」



萃香「それは…ありえそうで怖いな〜」



リグル「というより、実際あったんだよね…袋叩き



エリー「えぇ、確か『クリスマスイブ杯』で負けた原因を作った黒いの達を………」


萃香「………………(ぐびぐび)」


チルノ「どうしたんだー、何かあったのかー?」


萃香「ぷはーっと………さて、次へ逝こうカナー」


小悪魔「こいつ…思いっきりスルーしやがった」



















敢闘賞:大量得点されたとはいえ、頑張ってた大妖精で



大妖精「私が受賞ですか」



チルノ「よかったなー大ちゃん、おめでとだー!!」



リグル「なっ、チルノが素直に他人を祝福してる…」


レティ「珍しいわね〜」



ルーミア「天変地異の前触れなのかー?」



小悪魔「もしくは、大雪の前触れか?」



橙「大雪降ったら、炬燵の中で丸くなるのが一番」



萃香「吹雪の中、かまくらの中で酒を煽るっていうのもいいんだけどね〜」


大妖精「あの〜口をはさむようで悪いんですが、H点も取られてしまった私が本当に受賞でいいんですか?」


レティ「別にいいんじゃないかしら〜 何せ結構な数のシュートを撃たれたのだし」


小悪魔「しかも、シュートの大半が高コストFWの妖夢や慧音だ。決定率が高くなっても仕方ないだろー」


大妖精「ですが…」


萃香「大丈夫大丈夫。最初っからかなりの数のシュートを撃たれること前提だったんだし、だからこそガッツ豊富な大妖精をGKにしてたしね」



チルノ「そうだー大ちゃん以外だったらもっとひどい結果になってたぞー!」



敵妖夢「後、私達が大量得点できたのは巷で噂の2P側GKによるクリティカルマイナス補正のおかげっぽい気もしますね」



リグル「というか、大会ルール的に遠距離シューターのハンデが少なすぎるのかも」



萃香「まぁ『箸休め杯』はきもけーね自重しろっと騒がれてるぐらい大暴れしてるし、もう少しハンデあってもよかったかもね」















ムカつく奴で賞:きもけーね。いろいろな意味で自重シロ




小悪魔「っというわけで、ムカ賞は当然ながらこいつだな」



レティ「そうね〜主催はチルノが鬼門っとか言ってるけど実際の鬼門はこれよ〜」



萃香「そういうわけで主催者さん、これ見てるなら次やる時は慧音のハンデを増やすようよろしく」



チルノ「後、あたいのハンデをもっと軽くしろー!!」



大妖精「チ、チルノちゃん…ハンデ軽くなるというのは不名誉の扱いなのに…(頭抱えている)」



リグル「やっぱりHはHかぁ」



ルーミア「なのかー」














裏MVP:少なくともエリーは役立ってたから玄爺で




玄爺「なんですとぉぉぉぉぉぉぉぉぉ?!!」






エリー「やった!!私だってやればできるのよね!!!」



敵妖夢「裏MVPを免れただけであんな喜びよう…(っというか、警察官を殺るなんていい度胸してますよねぇ)」



萃香「もう骨の髄までダメッ娘精神が染み付いてるねー(今さらっていう気もするけど)」



小悪魔「そういうお前も骨の髄まで『来生・SGET・ヘルナンデス・ファルコン新田・キャプテン』精神が染み付いてないか?」



萃香「それは皆が私を『来生・SGET・ヘルナンデス・ファルコン新田・キャプテン』扱いにしてるだけで私はあんなのと違うって何回言ったらわかるのかなー?」



リグル「多分、何回言ってもわからないと思う」



橙「うんうん、何回言っても『来生・SGET・ヘルナンデス・ファルコン新田・キャプテン』扱いになってそう」



ミスティア「そうよ、一人だけ幸せになろうったってそうはいかないわ!!」



萃香「……それはさておき、さっきからうどんげが『返事がない、ただの屍のようだ』になったままだけど気付け酒でも与えてみる?」



敵うどんげ「ふふふふふふふふふふふ……私はおまけ…………どんなに頑張っても主役にはなれないおまけの存在で要らない子………」



敵妖夢「あーー忘れてました!!うどんさんしっかり!!!」



レティ「仮にも相方を忘れるなんてひどいわね〜」


小悪魔「でも、リグルやミスティアみたいに大抵のコンビは相方から酷い扱いされてないか?」



萃香「ついでにいうと、レティもチルノの扱いが微妙に酷いしね〜」



チルノ「そんなことないぞーレティはあたいのさいこーなぱーとなーだー」



レティ「そ〜よかったわね〜(ボウヨミ)」


小悪魔「棒読みになってる時点で対等に扱ってないよなー」



大妖精「でもまぁ、妖怪のレティさんと妖精のチルノちゃんという種族の差から考えれば仕方ないと思いますよ」



リグル「……一応、私も妖怪なんだけど」


ミスティア「……私も妖怪だけど…」


ルーミア「妖怪なのかー」



橙「ただの弱小な蛍妖怪鳥頭な夜雀妖怪暗くするだけしか能のない宵闇妖怪が何を言ってるー?」



リグル「橙…お前だってあの九尾の狐の式神が憑いてなかったら何の能力も持たない雑魚中の雑魚じゃないか!!」



ミスティア「むしろ、式神が憑いててようやく私達と同等じゃない!!」




ルーミア「なのかー」




橙「にゃ、にゃにをーーーー!!!少なくとも藍様が打ってくれた式神は強いんだぞー!!!!」






リグル「そんな他力本願に頼る前に自分だけの力を使いなよ!!」







ミスティア「そうそう!特に私はリグルみたいに蟲の力を借りたりしない純粋な私の能力を使うわよ!!」








リグル「純粋ってただ鳥目にするだけじゃないか!ていうか、それ以上に3日で物事を忘れる鳥頭の方が酷いじゃない!!
……もしかして
チルノより頭悪い?








ミスティア「な…いくら私が鳥頭とはいっても、チルノと同じ知力なんて屈辱以外なんでもないわ!!!







リグル「た、確かにチルノ以下は言いすぎたかもしれないけど…それでも毛の生えた程度なのは変わりないはず!!
もちろん橙もね!!!」







橙「なんでそうなるにゃ!!私は藍様から勉強を教えてもらってるからバカルテットよりかは頭いいよ!!!







ミスティア「………」




リグル「………」




橙「………」




ミスティア「………そろそろ」




リグル「………決着をつける」




橙「………時が来た」




ルーミア「のかー。後、チルノは馬鹿なのは確実かー」





チルノ「っていうか!!四人してあたいを馬鹿にするなぁぁぁーーー!!!」












大妖精「……頭痛い……とにかく、皆喧嘩はやめて仲良くしてぇぇぇぇ!!!!















レティ「あの連中の面倒を四六時中見ないといけない大妖精も結構苦労人ねー」


小悪魔「だなーレミリア様やメイド長も大概だが、あの連中も酷いな」



萃香「むしろ、酷くない連中探せっていう方が難しいって気もするけどね」



エリー「そうよね、特に幽香様なんか黒赤の中で一番S度が高い最強なんて噂されてるし…」


玄爺「ご主人殿もブチギレしたら手がつけられませんぞー」



敵妖夢「とりあえず…うどんさんの精神が心配なので私はこれから医務室にでも連れて行きますね」


萃香「あ〜そう。じゃぁまた次に会う機会あったらよろしく」


レティ「随分とまぁ軽いわね〜」


萃香「いや〜だってこう多数の大会が開かれると一戦一戦の重みがなくなってく気もするし、なによりこれは」


小悪魔「『箸休め杯』という名の通り、小休憩的な大会だもんな」


玄爺「小休憩という割にはかなりの出場チームが集ってますが、相手チームに変な荷物を持たせない気遣いはいいかもしれませんぞ〜」



エリー「そうよね、『箸休め』が箸休めにならなかったら本末転倒になるし」



萃香「そういうこと、だから私達もあえて応援はせずに今後を見守るだけに留めてるから、そっちもそっちで適当にやっちゃっていいお」



敵妖夢「そうですか。でも『箸休め』とは言え優勝はうれしいものですから…狙える限りは頑張りまらせてもらいます。
……そう、『いつも心に逆境を』精神でもって圧倒的な戦力差を覆して『お遊び杯』を優勝に導いた萃香さんみたく!!!



萃香「…………」


敵うどんげ「私はどんなに頑張ってもおまけ扱い…できない子……」



敵妖夢「それでは、萃香さんの意志を注ぐために…この妖夢頑張らせてもらいます!!!









敵妖夢、敵うどんげ 退場












レティ「妖夢はどこの妖夢も礼儀正しいというか〜」


小悪魔「生真面目だな」



萃香「なんだか余計に重荷を背負わせちゃった気もするけど…過ぎたことは仕方ないし今から惨敗記念の残念会でも開こっか」



エリー「残念会ってただ飲みたいだけじゃないの?」


レティ「それに後半戦は引き分けだし惨敗ってわけじゃないわよ〜」


小悪魔「ついでに言うと延長は私が決勝ゴールを決めて勝ち越したしな」


エリー「その決勝ゴールは公式だとカウントされない幻のゴールだったりするのだけど」



小悪魔「それでも、勝ったことには変わりない!!」



萃香「そうだねぇ…確かに惨敗とは言い難い成績だったし、残念会も後のEDで飲む機会ありそうだから今無理して開かなくてもいっか(グビグビ)」


レティ「無理せずというか〜」



玄爺「普段から常に飲んでいる萃香殿が言うと説得力ありませんぞ〜」



萃香「それは言わないお約束。それより…」


















チルノ「ぱーふぇくとふりーず!!」













リグル「不意打ちリグルキーーーック!!」














ミスティア「私の歌を聞けぇぇぇぇぇぇぇ!!!」














ルーミア「ディマーケイションなのかー!!」














橙「赤鬼青鬼!!」














大妖精「皆やめなさーーーい!!!」


























萃香「いい加減、あれもうっとぉしくなってきたからトドメ…じゃなくって止めに入るか」



レティ「そうね〜さすがに周辺に被害が及んできそうだし止めようかしら〜」


小悪魔「『黒赤の掟その67 喧嘩等は他者に被害が及ばない限りほっとけ』というのもあるけど、周辺に被害がでるなら止めに入るかー」


エリー「そうね。ここで頑張って私でもやればできるんだっていうところを…」


玄爺「では、止めに入りますぞー!!」






















その後、皆が止めに入ったことにより……




























さらに被害が拡大してしまったことは言うまでもない























一応後半のEDへと続く



















2回戦 結果:敗北

vs ひそーてんにうどんげを(うどん)監督:PON  AWAY戦 0-6 / HOME戦 3-3(延長込み:4-3)
1敗1引で敗北


得点:ミスティア(宵闇飛行演舞2点)・橙(飛翔毘沙門天1点)・(延長:小悪魔 ヘディング1点)




戻る