現在地:ゼフの練習用グラウンド





カナ「つ〜いてつ〜いてつきまくる〜♪」



美鈴「そ〜れが私だ〜ラッキマーン♪」




虹河三姉妹「〜〜〜♪(伴奏中)」




妖夢「開始早々テンション高いですね…」



カナ「そりゃぁそうよ!!ここで目立ってないとスーパースターマンにならないじゃない!!!」



美鈴「私はただの願かけです。これを歌えばなんとなく、今までの不運を全て幸運に変換させてもらえそうな気がするというか……もしその通りなら複雑な物を感じるのですが」



妖夢「それは……つまり……」


リリカ「今まではとことんまで不幸だったという証拠を突きつけられると同意語になっちゃうね〜」


メルラン「あはは〜言いにくいことをズバッと言っちゃってるわね〜」


ルナサ「別に言いにくいことでもないと思うが…」



JEX慧音「そうだな。美鈴はどこの幻想郷でも不幸というのが定説になっているのだし」



大友チルノ「むしろ、幸福な門番なんかみたことないぞー」


カナ「確かにその通りよねぇ…どこの世界も門番の扱いは酷いし」


リリカ「そういうカナの扱いも門番並に酷いっての忘れてない?」


メルラン「つい最近だと『東方蹴球』の主催者がカナのことを思いっきり過小評価したついでにコストをカメ以下にされてたしねー」



カナ「なにィィィィィィィィ!!!そんなの初耳よ…」



ルナサ「詳しくはこの『東方サッカー Walker』に載っているので参照すればいい」


妖夢「そんな雑誌どこが出しているんだ…?」


ルナサ「…さぁ?」


大友チルノ「どっかのブン屋がだしたんじゃないのかー?」


美鈴「まぁどこが出したかなんてどうでもいいじゃないですか。世の中門板なんていう情報発信の媒体があるぐらいなんですから今さらそんなこと気にしても仕方ありませんよ」


妖夢「ま、まぁ確かにその通りなんですが……耐性つきました?」


美鈴「何がですか?」


リリカ「いつもならいぢられたらそれなりな反応示すのに」



美鈴「ふふふ…今の私は幸運の星の加護がついているんです!!
少々いぢられたところで私のラッキーパワーの前では無意味です!!!



JEX慧音「なんていうか……効果は抜群と言わざるを得ないな」


妖夢「今までが今まででしたから仕方ないと言えば仕方ないかもしれないんですけどね」


美鈴「というわけで早速ですが、『GGCC』のドキュメンタリーを開始しましょう。今日は…」


バケバケ「バケー(毎度おなじみバケバケと)」


毛玉「モケー(毛玉のバケバ毛玉コンビがカメラ役を務めさせてもらうぜ)」


リリカ「いつものH奴隷はどったの?」


バケバケ「バケー(あー奴は一ヶ月雇用での契約が切れたから野に放っといたぞ)」


毛玉「モケー(でもって今は査定の意味を含めてまたゼフの監督をやらさせてもらってるみたいだがな)」


メルラン「つまり、あのH監督さんもめーりんと同じ崖っぷち?」



美鈴「違います、私は『背水の陣』で崖っぷちではありません!!」



JEX慧音「どっちも同じ意味じゃないのか?」



ルナサ「どうでもいいが、あのH監督はいつでも崖っぷちな気も…」



大友チルノ「そんなことより早く撮影をやれー!!」



カナ「そうね。Hに言われたらおしまいだからあのも○いら『怨念パワー』を込めた夢消失をぶつけるのは後にして、まずは軽く解説するわよ。『GGCC』は…」



メルラン「パッケージの説明書を読んでください。以上よ〜」



カナ「そんなこと言ったら身も蓋もないじゃないの〜〜〜!!」




妖夢「そうだぞ。大体パッケージには対戦チームのことは書かれていないのだし、せめて対戦チームの紹介は私達ですべきだ」



メルラン「ξ・∀・)めるぽ」



リリカ「ごまかした…」


ルナサ「こういう時は叩くに限る(チャラリラ〜)」


リリカ「じゃ、…今思い出した努力マン互換必殺技



『いざとなればお兄(姉)ちゃんも蹴っちゃうキーック!!!』をくらえー!!」























バキャァ!!




















メルラン「ガッ」














大友チルノ「おおーξ・∀・)が吹っ飛んでったぞー」


カナ「よく考えたら、あの技ってリリカが土台時のファントムディニングゴーストクリフォードでも応用可能なのよね」








リリカ「うん、だから次の試合からはアレを叫びながら蹴ることにするね」


ルナサ「あの技で蹴られた勝利マンはモロ壁に激突していたのだから、なるべく遠慮してほしいのだが……」



リリカ「くくく……三姉妹の中で一番目立たない不遇な立場にいる三女の怒りと必要性を思い知れ!



ルナサ「そんなこと言うと今後の土台は次女に頼んで三女を解雇するぞ」



リリカ「………」


ルナサ「………」


美鈴「なんだか、険悪な雰囲気になってきたので強引に紹介としましょう。まず、最初は初戦で戦った『Mononofu Blue(JPN)』巻誠一郎互換な慧音さんと」


妖夢「2回戦で戦った『大友バカルテット(orz)』浦辺反次互換のチルノ


カナ「この二人が今回のゲストね」



JEX慧音「うむ。ここでは巻誠一郎ではなく上白沢慧音として来させてもらった。今日はよろしく頼む」



大友チルノ「あたいもチルノとして来たぞ…てかあたいは元からチルノで豆腐屋じゃないぞー!!



カナ「Hの場合は互換元の浦辺君を知らなさそうというか…」


妖夢「知ってても中途半端な知識しか持ってなさそうなので、チルノでいてもらった方が効率よさそうですね」



美鈴「そういうことで、さくさくっと逝きましょう。『とっても黒赤マジック』の初戦の試合です。初戦の対戦相手はさっき述べたように『Mononofu Blue(JPN)』外の世界の日本代表互換チームですね」



カナ「でもって監督がH監督の後任とか噂される…えっと……名前なんて言ったかしら?」



妖夢「確か…ナルシー…でしたっけ?」


JEX慧音「それはそっちのオーナーが勝手に名付けた名称なんだが…まぁその通りだな」


バケバケ「バケー(それでいいのか?)」


毛玉「モケー(腐ってもお前らの監督だろ?)」



JEX慧音「他はどうかしらんが、私はあんなヤツを監督と認める気はない!!(ドキッパリ)



バケバケ「バケー(ふっ、やっぱりあいつもH奴隷ど同じ仲間か…)」


毛玉「モケー(まぁあれだけかっこつけたくせしてぶざまに負けた上、咬ませ犬的な捨て台詞吐くぐらいだしな。所詮奴も…)」





JEX慧音「……あいつら、何やっているんだ?」


カナ「どうせ、捏造でもしてるんでしょ」


美鈴「最近、ドキュメンタリーがマンネリしてますからね。少し変化をつけないと売上が伸びないのですよ。だから申し訳ないんですが、黙って見過ごしてやってください」


妖夢「そういうわけです。後で私達が責任もって中身をチェックして問題部分があれば訂正しておきますので、この件はスルーでお願いします」



JEX慧音「……黒赤のドキュメンタリーはカオスが売りだそうだし、多少性格をいぢられるのは仕方ないことだしな。出演料がもらえる以上、今は黙って黒赤の方針に従おう」



大友チルノ「あたいも出してもらえるなら、なんでもいいぞー!!」



妖夢「では、許可も下りましたので早速第1試合目を開始……」




バケバケ「バケー(というところで、一旦CM入れさせてもらうぜー)」





















ズドドドドドドッ←全員がずっこける















カナ「CMって……今までそんなものなかったのに、なんでいきなり」




毛玉「モケー(いや、ドキュメンタリーも人気出てきた上にオーナーがここで一旦執筆を中断して寝たいそうだ)」



美鈴「それって、思いっきり内輪事情と言いませんか?」



妖夢「でもまぁ、虹河3姉妹が取り込み中ですし…仕切り直しと思えば」


毛玉「モケー(そういうわけなんで、ここでちょいっとCMを流させてもらうぜ。はいスタート)」














少女宣伝中……














上海「シャンハーイ(モニター前の皆様こんにちは。毎度おなじみテレビショッピングのお時間です)


蓬莱「ホラーイ(今日のお勧めはこちら。太田製薬…ではなく、永遠亭の薬師の八意永琳先生が開発した新製品)」


上海「シャンハーイ(お友達が少ないさびしがりな人に強い味方。貴方の魅力を増大させる媚薬『シンデレラゲージ』



蓬莱「ホラーイ(これをシューっと一振りすればあっというまにお友達が集まってきます。これでもう寂しくはありません)」







作:霜降り教授(許可もらってます)
被験者A:ウフ、ウフ、ウフフフフフフフ……コノクスリヲツカッタラサッソクトモダチガフタエノキワミ、アッー!ヨッテキタワ……








上海「シャンハーイ(ご注文はこちら。311-000-1010(サイセンイレテ)まで」



蓬莱「ホラーイ(なお、当局は苦情や効果に関してのお問い合わせは一切受け付けておりません。むしろ苦情はこちらにどうぞ)」




上海・蓬莱「シャンホーライ(それでは、モニター前の愚民は今すぐお電話を……)」







プツン………






追伸:カリスマな姉や皇帝霊夢や褌皇帝や霜降り教授がカオスカオスと騒ぐからつい出来心でやってしまった……
今では反省してるかもしれない?
































妖夢「CMも終わって虹河三姉妹もスタンバイしてくれましたので再開と逝きましょうか」


JEX慧音「……私としては、CMにいろいろ突っ込みを入れたいのだが」


ルナサ「突っ込みなんて入れるだけ無駄だと思うが…」


メルラン「なにせ黒赤な上に最近カオスを某所の新番組にかすめ取られそうとかいう話聞くし」


リリカ「オーナーもいろいろ強硬手段を取りたいんでしょ」



カナ「それに最近は何かとカオスの安売りがされてきてるんだし、ここらでビシッと真のカオスは誰の物かということを視聴者にわからせるべきよ!!



美鈴「そんなものわからせなくていいかと思うんですが…」


リリカ「注目浴びれば門番さんの活躍もそれだけ大勢に知れ渡って点数が稼げることになるんだけどね〜」



美鈴「さぁ、はりきって1試合目を振り返ってみましょう!」



ルナサ「単純…」


妖夢「…どうでもいいんですが、この場を素で流してしまえる私はすでに手遅れなんでしょうかね?」



大友チルノ「そんなことあたいに聞くなー!!」



美鈴「では、まず予選1試合はナルシー監督率いる『Mononofu Blue(JPN)』だったのですが試合内容は…一言でいえば、はいルナサさんどうぞ」



ルナサ「(自分で言わないのか)ラッキーマン無双



美鈴「そして、ラッキーマンとは誰のことだと思います?」


メルラン「門番ことめーりんのことξ・∀・)ぽ」



  








美鈴「そうです…この紅魔館の門番にして『とっても黒赤マジック』のキャプテンを務めるラッキーマン互換の紅美鈴。
『背水の陣』と『互換のラッキーパワー』でもって、ハットトリック+1を獲得しました!!!




妖夢「美鈴さん、おめでとうございます(ぱちぱちぱち)」


リリカ「うんうん、あれだけ綺麗に活躍してくれるとフォローしたかいがあるってものだよね」


カナ「そうよねぇ、ルナサやリリカのDFが鉄壁過ぎて私のところにボールがほとんど飛んできてなかったから私が目立てなかったけど、そんなくやしさを吹き飛ばすぐらいすがすがしく暴れてくれてたし」



妖夢「ついでに、美鈴さんは『きさま、なぜここに』と突っ込みたいぐらいベストポジションでボールをもらったりしていましたしね。ちなみに次のセリフは」



メルラン「な、何をする。おまえらー」



リリカ「YA☆ME☆RO!!」



ルナサ「その後、彼女の行く末を知る者は誰もいなかった(チャラリラ〜♪)」



カナ「微妙に違うというかいろいろ混ざりまくってるわよ、それ!!」



妖夢「具体的に言うとダ○ス→ガ○ハド→遊○→TO○ナレーションという流れですね」



JEX慧音「全く、ウチのDF陣は何をしていたんだか…(華麗にスルー)」


美鈴「それはあれですよ、新監督の元でしたから連携が上手く取れてなかっただけなのでしょう」


JEX慧音「ほぉ……それが貴様の意見か」


美鈴「ひぇぇ〜な、なにか変なこと言いましたでしょう…か?」







JEX慧音「いや、全く持ってその通りなんだが、そっちの兎にはドリブルを弾幕で潰されたからラッキーマン無双につい嫉妬の炎がムラムラっと」



美鈴「……ごめんなさい。少々調子乗り過ぎてましたので自重します(ヘコヘコ)」



ルナサ「まぁ、そういうわけで初戦の結果は4−2で得点はすべて美鈴が獲得。まさにラッキーマン自重しろっと言わんばかりのフルボッコ」



妖夢「美鈴さんは素の能力が高いので必殺なくてもさほど苦になりませんからね。私とメルランが不調だった分を補ってもらえたという感じで助かりましたよ」


カナ「というか…メルランに好調な時ってあるのかしら?」


ルナサ「……」


リリカ「……」


メルラン「二人ともなんで黙り込むわけなのよ〜?」



  




リリカ「いや、だってメル姉って1試合目はヒノをポストにぶち当てた上に」







ルナサ「2試合目はただのノーマルシュートを撃つという体たらくぶり」



メルラン「それはあれよ!ヒノはポスト率が高くなるとか聞いたから、特別ルールでの『ガッツ節約』効果の中で無理してヒノ撃つより素直なノーマルシュートを撃てばポスト率も…」



妖夢「確かにノーマルシュートを撃てばポストは減るんだが…キーパーを抜ける決定率そのものが急激に下がるぞ、それ



メルラン「ξ・∀・)ぽ?」


カナ「まさにHの発想ね。ぷっ」


JEX慧音「失礼ながら、私もそれはHの発想だと断言させてもらおう」








美鈴「えぇ、なにせシュートがキーパーに届く前でHに自動カットですから、下手すればH以下の評価ですよ」



大友チルノ「なんだかよくわからないが、このξ・∀・)はあたいより下かー?」



メルラン「あははははははははははははー!!!」



ルナサ「…せっかく2試合目の話題が出たことだし、このまま2試合目のダイジェストを」


美鈴「そうしましょうか。第2試合目は無印キャプテン翼の大友中互換な『大友バカルテット(orz)』で監督は……ファンタスティックでしたっけ?」


妖夢「酒場登録ネームはそんな感じだったと思いますが本名は…なんでしたっけ?」


リリカ「最近大会に参加するようになった某人間の人としか覚えてないよね」


カナ「『東方サッカー Walker』の情報だとある動画サイトでは『棒人間の人』で統一されているみたいだし、チルノは知ってる…わけないよね」



大友チルノ「監督の名前かー?監督は悪夢だ」



美鈴「聞くまでもなかったようですね」


JEX慧音「…(名前は『nightmare』なのである意味チルノの言うことはあっているのだが……まぁあえて伝える義理はないのだし、黙っておくか)」


妖夢「2試合目はようやく私のエンジンもかかってきて調子を取り戻してきたのですが…嫁カップと同じように得点チャンスをまたもやポストとはまだまだ未熟と言わざるを得ないです!」



  




ルナサ「確かに妖夢はポストに当てたが……ここにいるのはラッキーマン」








美鈴「えぇ、これでもかというぐらい打ちごろの弾が跳ね返ってきましたから簡単にねじこみへの反応ができましたよ」


リリカ「反応したというより、跳ね返ったボールを避け損ねて被弾したらたまたまゴールに入ったとかだったりして」


カナ「それはそれでありえるかも…」



妖夢「何せ『ラッキーマン』ですから、ラッキーパワーが発揮されたとなれば……」



美鈴「そこ、聞こえてますよ!!」



妖夢「と、とりあえずあそこでねじ込みは助かりましたし美鈴さんは相変わらず2試合目も爆発してました。ただ、JPNチームと違って大友はしぶとかったんですよね」


ルナサ「敵は諦めずじっとチャンスを待ったりチームを信頼したプレイを行ったりとして繋いでいた…黒赤みたく






カナ「えぇ、私もカットやクリアーしてピンチを脱出したと思っても皆でフォローしあってすぐに体勢を整えてたし、昔の黒赤みたいだったわよね」



妖夢「昔って………(考え中)……確かに昔ですよね。ここ最近の黒赤は昔に比べて方向性が少々おかしくなってきてますし…(とーいめ)」



リリカ「後、どうでもいいけどこの試合って妹紅の『鳳翼天翔』という珍しい技がでたわけだけど……技発動時の


  

という台詞に深い意味あると思う?」




美鈴「……別に、深い意味はないと思いますが偶然とは恐ろしい物ですね」








妖夢「ですね…リリカは言葉通りな目に合わされてますし」



カナ「言葉通り、リリカは吹き飛ばされていたし」



  








ルナサ「なにはともあれ、敵は数少ないチャンスを必死にフォローしあって最後の終了間際に決勝点をもぎとった」








美鈴「私とメルランは浮き玉をチルノにクリアーされて決定的チャンスを潰されましたしね。いくら私が浮き玉苦手とはいえ、あそこでシュートに持ち込めていれば……」



妖夢「美鈴さん……」




大友チルノ「はははは!!やっぱりあたいったらさいきょーね!!!」




リリカ「……Hに高笑いされるのはムカツクんだけど……」


ルナサ「結果的に私達は2−3で負けた。敗者は去るのみ…と言いたいところだが、私は勝利マン……となると」


メルラン「あははははーー気晴らしに潰しちゃう?


ルナサ「そうしたいところだが、勝利マンは明様な反則を行わない。あくまで、事故にみせかけた反則ギリギリ



リリカ「だったら『急にコンチェルト・グロッソの練習をしたくなったから撃った。そしたらHがいきなり飛び込んできて顔面ブロックしてきた』ということに」


ルナサ「(手ぽむ)」


美鈴「手ぽむっじゃないでしょうが(ぼそ)」


JEX慧音「門番…突っ込むならもっと大きな声で突っ込め」








美鈴「いえ、突っ込みたいのは山々なんですが…なんとなく突っ込んだら次の試合の私へのパスが憂さ晴らしの殺人パスに切り替わりそうな気がしたもので」



妖夢「まさか、それは考え過ぎですよ…たぶん」


美鈴「っというわけです。妖夢さんが『たぶん』と言うように確証がないならここはスルーすべきなんです。カナさんのソウルバードみたく存在をカナたへ……」


妖夢「………」


JEX慧音「………」


カナ「………」














リリカ「それじゃいくよ、姉さん達!」












妖夢「ハリセン2刀流奥儀……」












メルラン「こっちはいつでもOKよ!」












JEX慧音「私の突っ込み(突進)を受けてみろ…」












ルナサ「最高の(憂さ晴らし)シュートにする…」












カナ「ゲージアタックを仕掛けるわ!」


















大友チルノ「あーなんだなんだ?皆して何を……」





美鈴「なんてカナり上手いこといった…カナと思うんですが……かんけーねーカナ?慧音さんがいるだけにかんけーね…」


















虹河三姉妹「コンチェルト・グロッソ!!」
















妖夢「待宵反射衛星斬!!」
















JEX慧音「ネクストヒストリー!」
















カナ「ソウルバード!!」





























  
チルノ・美鈴「ウボァー ウボァー ウボァー



































キラーン☆


















妖夢「……さて、そろそろ時間も来た上にキャプテンが星となりました以上、続ける意味がなくなりましたからお開きとしましょうか」


ルナサ「キャプテンが締めを行わないというのは珍しいパターンだが……」


メルラン「オチ担当にはなってくれたし、掴みは抜群ξ・∀・)ぽ」



リリカ「じゃ、そういうことで」



虹河三姉妹「It is an end by this




カナ「We will wait for the next coming
























JEX慧音「ちなみに上記は訳すと『虹河三姉妹「これにて閉幕です」』『カナ「またのご来場をお待ちしております」』だ。これはテストにでるからメモを取るようにな」


妖夢「なるほど、早速メモらせていただきます」


JEX慧音「いや、テストやメモは冗談なのだが……まぁいいか」












追伸:ふっとんだチルノと美鈴は後日真冬の池にて氷漬けとなった状態で発見されたとかなんとか……













やっぱりキャプテンになってて活躍してもめーりんはめーりんと言うことで次回へ続く






予選1回戦(2Pサイド) 結果:勝利

vs Mononofu Blue(JPN)監督:久瀬四時符   4-2

得点:美鈴(シュート1点・ひりゅうのけん3点)



予選2回戦(2Pサイド) 結果:敗北

vs 大友バカルテット(orz)監督:nightmare   2-3

得点:妖夢(未来永劫斬1点)・美鈴(ひりゅうのけん1点)
ねじこみ:妖夢→美鈴





戻る